Blog

2020.12.2(水) – 12.7(月) 西脇 伊作 展 重々承知。

西脇 伊作 展 重々承知。
2020.12.2(水) – 12.7(月)
12:00~18:00 最終日17:00まで

 

人は慣れる。
同じようなことが幾度か起これば慣れる。それを日常と言う。
しかし、それはたまたま連続しているから同じように見えて、同じではないこと。
繋がっているようで、完全には繋がっていない日々。
ゆるやかに微細に気づかれない変化を重ねていく。
その重心がどこかズレて動いていくものに囲まれ、その中の一つの破片のように居る。
昨日があって自分が今居て、明日があるということがどんな意味が影響があるのか?
本当に日々に慣れている?
連続と不連続の狭間で、
恐らく捉えきれない何かが重なって形成された自分の重さ。
変わり行く重心に従い同じモチーフを繰り返し描く。
当てもなく、理由も目的もなく何かの気配を辿り、幾重の先の先へ、線の線へと欲求を重ねる。上塗り続ければいつかは何かの塊になろう。
このご時世に個展をやることも含めて、重々承知で候う。

<作家名>
西脇 伊作

<経歴>
美学校出身。
美学校の造形基礎、生涯ドローイングセミナーで学び絵画に取り組み始める。