Blog

2018.7.11(水)~7.16(月・祝) 愛しさへのいざない 小山 忠之(Nii) 陶芸展

チラシ表

愛しさへのいざない 小山 忠之 陶芸展
2018.7.11(水)~7.16(月・祝)
12:00~18:00


今展は、陶芸作家小山忠之 (Nii) の見た夢の世界を元に紡いだ物語がテーマの全7話からなるお話の世界です。

2009 年に開催した第一話の内容を、プロローグ展として今回披露し、来秋に開催する続編展をよりお楽しみ頂けますよう、みなさまをご招待致します。
初めて鑑賞する方にも、過去展をご覧頂いた方もお楽しみいただける内容となっております。
” 夢 ” そして ” サーカス ” が舞台の空間に、ベルエポックの時代を彷彿とさせる音楽・・ 陶作品によるオブジェの一部作品を販売いたします。


circus 曲芸のピエロ circus 番人 黒アゲハのショータイム

陶器、陶板、古材 ( ガラス、ネジ、電気関係 ) によってベルエポックが繁栄した 19 世紀にタイムスリップした ような雰囲気を光と音楽、エイジング加工を施し、表現。

小山忠之 (Nii) 作家略歴 HP

1971年4月 小山功男・友子の長男として生まれる。
1993年 文化学院芸術専門学校卒業。陶芸の伝統を学ぶ。 杉並に陶芸窯アトリエを築き独立。文化学院の非常勤の講師を勤める。
1994年 12月初の個展 ガイアを開催。
1996年 3月 Roots 陶芸教室を開校。
1998年 11 月 2 回目の個展《象陶器展》を開催。象をテーマに器などを出品。
2001年 12 月 第1回 Roots クリスマス陶芸展を開催 ( 生徒作品を発表 )。3回目の個展《TADAYUKI TOY’ S》を開催。 陶芸の幅の広さをフィギュアにて表す。
2009年 8月 4回目の個展《circus~1st 愛しさへのいざない~》を開催。
2016年 3月 Roots 陶芸教室開校 20 周年を迎える。