Blog

2016.11.23(水・祝)〜11.28(月) 芦野公平 個展 漂流

2016.11.23(水・祝)〜11.28(月) 芦野公平 個展 漂流

芦野公平(あしのこうへい)

略歴
秋田県出身。東京都在住。
武蔵野美術学園油絵科卒業後、武蔵野美術大学嘱託職員を経て2014年に独立。
イラストレーターとして活動中。

仕事歴
ひかりTV「イキモノ日本紀行」、Number、JAL SKYWARD 、プレジデントファミリーなど。

受賞歴
誠文堂新光社「イラストノート」第8回ノート展大賞
玄光社「イラストレーション」168回チョイス入選など。

アンティークゲーセン 200 × 200 透明水彩

サイクリング 200 × 200 ペン

Drifters 297 × 420 アクリルガッシュ


漂流
自分の画業は、まるで絵の世界を漂流しているようです。しかもとびきりわがままな子供と。
大人の事情で舵を取ると直ぐにふてくされるし、事情を無視して行きたいところへ行きます。とりつく島もありません。
自分にとってのイラストレーションの仕事は、その子が自然に見せる笑顔を素敵だと思ってくれた人に納期までに新たな笑顔を見せることです。
テーマの衣装を着せてカメラを向け笑顔を誘導しても、大人の事情は直ぐにバレるもの。
本物の笑顔を引き出すのに必要なことは子供を自由にさせることと子供を信じる勇気。
そして、子供は少ない方が商売し易いという大人の事情すらも無視して、新しい島に漂着する度に知らない子が僕の船に乗り込んできます。
昔から何故か子供には好かれる方なのです。ほとほと疲れますが、悩んでもストレスになるので諦めました。
彼らがお互いに遊び相手になって新たな笑顔が生まれることもあるので、頑張るしかありません。
4歳の男の子を持つ僕は完全に育児脳です。