Blog

2015.12.23(水)~27(日)及び2016.1.10(日)~1.17(日) 裕木奈江 作品展 Private Paradises 2015-2016 Paper Moon

naeDM2015-2016

2015.12.23(水・祝)~27(日)及び2016.1.10(日)~1.17(日)までは
裕木奈江 作品展 Private Paradises 2015-2016 Paper Moon
12:00~18:00 lastday~17:00
を開催致します。

※初日作家在廊致します。
詳細はこちら

裕木奈江個展「Praivate Paradise」の第3回目。
これまでの写真作品のほかに、立体コラージュや、インスタレーション作品などが加わる。
静謐で、ときにユーモラスな空気感が表現される。

裕木奈江 Nae Yuuki : 俳優
国内外で俳優として幅広く活動する傍ら、写真・絵画・陶芸などによる制作も行う。
Nae Yuuki Flickr


【 裕木奈江展 Private Paradises 2015-2016 [Paper Moon] 】
ディレクター:オザワミカ


裕木さんとの出会いはかれこれ12年くらい前だろうか。
そのころ、自分が企画していたTシャツのグループ展に、おもしろい絵を描いているからと、友人に紹介されたのが裕木さんだった。
当時、裕木さんが描いていた絵は、かなりエキセントリックでシュールで笑えた。
その風貌からこれが出てくるんだと、そのギャップがおもしろくて、ぜひぜひ、とTシャツ展にご参加いただいた。
それから何年も経って、裕木さんがfrickrに写真をアップしているというので観てみたら、その写真の中に流れるあたたかく、かつ、静謐な空気と、被写体に対する愛の深さに驚いた。
写真で個展をしてみたら?と、そそのかしたのが、一昨年。
もともとクリエイティブなことに対する興味が深い彼女はすぐさま乗ってくれた。
それが、第1回目の「Private Paradises」。
その第1回目の展示が終わった際、お礼にと、自作の陶器のネックレスをいただいたのだが、繊細でナチュラルな感じがとても素敵だったので、翌年の第2回目にはそれらが写真作品のほかに加わった。
第3回目の今年は何をしようね、となったとき、わたしはすぐに立体作品を薦めた。
彼女が撮影する写真の中には、部屋の中の写真も多く、空間を設えるのがとても上手だなと、かねがね思っていたので、ジョセフ・コーネルのような箱庭的な作品は向いていると思ったのだ。
どうしようもないほど魂の無垢な感じも、わたしの中ではコーネルと重なった。
結果、彼女が出してきた作品は大正解だった。
器用なんだけど、どうしようもなく不器用なところや、日常の中にキレイなものを見つける感性が十分発揮された作品になったと思う。
本業による知名度のおかげで、アートとなかなか結びつかないかもしれないけれど、固定観念を外して、今回は特に、アートが好きな人たちにたくさんお越しいただきたく。
サブタイトルの「Paper Moon」の意味を知るためにもぜひぜひご高覧いただけたらと思います。